HOME » 初心者のためのNLPガイド » 認定資格の種類

認定資格の種類

NLPの資格は、各資格設定団体で実施されているセミナーを受けることで取ることができます。

現在、世界統一の資格はなく、団体によって様々な取得方法や名称になっています。セミナーを指定された期日受けることで、トレーナーが認定すればその資格を取得できる、というものです。

日本での主流は米国NLP協会ですので、ここでは分かりやすく、米国NLP協会認定資格を例に説明します。

スキルに応じた3種類のNLP資格

NLPの米国NLP協会認定資格の種類は主に3種類があります。初級・中級・上級のように、そのスキルによって資格が上がります。それぞれの段階で出来る活動内容もありますので、自分がどこまでやりたいのか・どこまでの資格が欲しいのかを目標に決めて頑張ると良いでしょう。

  1. NLPプラクティショナー
    …実践レベルで使えるスキルを持っている方が取れる、基礎的な資格です。自分の力で人に伝えることが出来る能力を取得しているとみなします。これを持っていると、コーチングやセラピーなどが出来ます。
  2. NLPマスタープラクティショナー
    …1.のNLPプラクティショナー資格を持っていると、このNLPマスタープラクティショナー資格を取得することができます。いきなりここへは挑戦できないので、要注意です!NLPプラクティショナーよりもスキルを持った方が取得することができる資格で、これ以上の資格を持っていると、セミナーなどのタイトルでNLPという言葉を使うことができるようになります。
  3. NLPトレーナー
    …2.のNLPマスタープラクティショナー資格を持っていると、このNLPトレーナー資格を取得できることができます。ただしこの資格は、アメリカへ行きセミナーを受ける必要があります。セミナーを受講して資格を取得すると、講師としてセミナーを運営したり指導することが可能です。
 
ページの先頭へ