HOME » 初心者のためのNLPガイド » ポジティブ思考を育むNLPのセラピー手法

ポジティブ思考を育むNLPのセラピー手法

ポジティブな思考を育むセラピー手法の「スイッシュ・パターン」について解説しています。NLPの学習中に行うイメージトレーニングの例も紹介していますので、参考にしてください。

NLP学習で得られるセラピー効果やトレーニング例

NLPを学ぶことで、身につけられるテクニックの一つに「スイッシュ・パターン」という手法があります。

これは自分の内面にあるネガティブなイメージを変換し、新しく良いイメージに組み替える方法です。
自分が変えたいと思っている点を大きくイメージし、自分のなりたいイメージを小さく想像します。例えば、「人見知りな性格」を変えたいのであれば、「社交的な性格」になった自分を何度も思い浮かべていくのです。

スクールやDVDでの学習は、このイメージ変換のトレーニングを繰り返し行います。
何度もこのプロセスを繰り返すことで、ネガティブ思考からポジティブ思考を育くむ脳に変えていくそうです。

では、イメージの仕方の例をご紹介してみます。

  • 悪癖を改善
    お酒を飲みすぎ2日酔いの自分 早起きしてランニングをする自分
    タバコを止めたいができない自分 すっきり爽やか深呼吸している自分
  • 思い出すと嫌なことのイメージを変える
    重い病気で苦しんでいるイメージ 自然と触れ合い健やかなイメージ
    友人と喧嘩をして落ち込んでいるイメージ仲間と一緒に楽しんでいるイメージ
  • 将来の不安をポジティブなイメージに
    ビジネスの商談で失敗してしまった姿 和やかな雰囲気でお客様と商談している姿
    資格の取得試験に落ちてしまった姿 試験に合格して喜びを感じている姿

NLPを学べるDVD には、こうしたテクニックの基礎に加えて、実践のための活用方法も収録されています。

自分のなかにある不安や心配と感じる気持ちを、「スイッシュ・パターン」の手法で、ポジティブ思考へと切り替えてみてはどうでしょう。

 
ページの先頭へ