HOME » 初心者のためのNLPガイド » セミナーの講義内容

セミナーの講義内容

NLPセミナーを開催している各団体では、入門セミナーは必ずといっていい程用意されています。入門セミナーでは一体どんなことを学ぶことが出来るのでしょうか。

ここでは、私の参加体験をもとに、入門セミナーで学ぶことができる講義内容を一例として紹介します。

セミナーの講義内容例を紹介

講義時間は1時間30分程。この中で、NLPをこれから学ぼうという人のために、NLPの全体像とその可能性についての紹介がありました。その流れは以下の通りです。

  • NLPとは何か
    …基本的なこととして、NLPとは何かから説明が始まりました。テキストを併用しながらの説明で、人の意識についての解説。人の脳にいい思いをインプットすることで、良い方向へ持っていくプログラムがされるとのこと。
    原因・結果・意味づけをして、もしそれが悪い事なら、それをNLPによって変えることができること。なるほど、NLPはこういう事か!と、初心者でも分かりやすく引き込まれます。
  • VAKモデルの説明
    …自分の感覚・相手の感覚を知ることができる、NLPの基本的スキル。
    これを深く知ることで、相手が感覚に訴える人なのか視覚に訴える人なのかなどを判断できるので、相手に合わせたコミュニケーションを提案できるようになるそうです。
  • 自分の価値基準を見つめる
    …人生において大事な事を8個考え、それを優先順位に並べるという事をやりました。その上位が自分の価値基準であり、これが満たされる事が大事だということ。
    更にこれを相手に質問して返ってきた答えにより、相手の価値観が分かること。上司とのコミュニケーションにも役立つスキル紹介でした。

セミナー終了後には、質問がある方には答えているようで、更に30分程の時間をさいてくれているようでした。

団体はしっかりと選んでから

入門コースでもせっかくセミナーを受けるなら、一般財団法人 日本NLP協会の資格認定を受けられるコースを選ぶのがおすすめです。つまり、最初からできるだけ良い団体を選んで行く、というのがポイントです。

1時間とか1時間30分程の内容でも、世界基準のNlPが学べる所なら充実した時間を過ごすことができますよ。

 
ページの先頭へ