HOME » 初心者のためのNLPガイド » NLP理論とは?

NLP理論とは?

ここでは、NLPの歴史や得られるスキルについて、基本的な知識をお教えしています。

NLPの意味と始まり

NLPは、Neuro Linguistic Programmingの略で、意味は“神経言語プログラム”になります。

始まりは1970年代ごろ。リチャード・バンドラーとジョン・グリンダーが、人間のコミュニケーションを、当時有名だった天才セラピストの心理学と言語学をもとに体系化したのが始まりです。

その頃はちょうどベトナム戦争で心に痛手を受けた人が多かったそうです。そのような時に現れたNLPは従来のセラピーよりも速く確実に人の問題を見つけ出し、改善することができました。

これが評判を呼び、NLPはアメリカ中に広く知れ渡ることになったようです。

そして現代。NLPは時代の流れとともに、単なるセラピーとしての治療から、スポーツや教育、はたまたビジネスにまでも活用できるように進化しました。

NLPってどんなものなのか

NLP=コミュニケーションと捉えているだけの人もいるかもしれませんが、実は奥深い面があります。

人間は五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)を使って生活をしています。記憶や認識を脳にプログラミングすることで、無意識な行動をするようになったりもします。

例えば頭の中で梅干しを思い浮かべると、自然と唾液が多くなりますよね。これは梅干し=酸っぱいというプログラミングが既にされているので、実際に食べなくても味覚を思い出して反応しているからです。

このような無意識レベルでのプログラミングをNLPでちょっと動かしてあげる事で、コミュニケーション力が自然と高まるようになります。

コミュニケーション力が高まると、様々な面で活用ができます。ビジネス・医療・子育てなど、仕事や日常生活にもプラスになることが多いのです。

 
ページの先頭へ